まずはミノキシジルとプロペシア!初めての育毛マニュアル

ミノキシジルによる育毛

現在、ハゲいわゆる薄毛に悩む男性は数多くなっています。欧米では頭の薄い人の方がモテることも多いそうですが、やはり薄毛とは恥ずかしいものです。そんなコンプレックスを抱える男性の為に画期的な治療薬がこの世にはいくつもあります。
その中でも世界で初めて認可された脱毛症の治療薬の成分でミノキシジルがあります。アメリカにあるアップジョン社が開発した治療薬で元々は血圧の薬として開発されました。治験の際に副作用として体毛が濃くなると言う報告があったことがきっかけで発毛・育毛剤として商品されたと言われています。
その効果は薄毛の原因でもある男性ホルモンを阻害することで頭皮への血流量を増幅させ促進させる働きがあります。それにより髪の毛を育成し、抜けにくい強い髪質を持った頭皮へと生まれ変わります。
ミノキシジルの成分を配合している育毛剤で日本で有名なものと言えばリアップです。こちらは1本単価が非常に高く低所得者の方は中々手を出すことが出来ません。ですが、海外で販売されているロゲインと言う薬品は同一の成分にも関わらず半分以下の価格で手にすることが出来ます。内服薬が苦手な方でも安心して使用することが出来るよう外服薬となっており、その使用方法は直接頭皮にかけます。その後、塗り込むようになじませることで薄毛回復の効果を得ることが出来ます。内服薬とは違い、薄毛で気になる部分にかけることが出来る点においても優れています。
またより効果を得る為に内服薬と同時に使用することで強い発毛・育毛の効果を得ることが出来ます。ロゲインと同じぐらいの認知度のあるプロペシアと言う薬品です。薬の効果は同様で薄毛の原因である男性ホルモンの働きを抑え、より元気な髪が生え、血流量が増えることで抜け毛も少なくなります。薬の作用が異なる為、一緒に使うことでより強い発毛効果を高めることが出来るため一緒に使用する方も多いと言われています。また現在ではプロペシアのジェネリックであるフィンペシアと言う治療薬にも注目が集まっています。安全性も非常に高く、ジェネリック医薬品であるため安価で手にすることが出来ます。
最近では女性の薄毛なども増えてきていますが、残念ながらフィンペシアは女性の方は使用することが出来ません。有効成分であるフィナステリドは女性に対して非常に危険と言われているためです。成分に触れるだけでも皮膚への浸透などもあり、絶対に使用は控えるようにといわれています。通販サイトをお探しなら、お薬なびが安価でお勧めです。