育毛効果の高いもっとも有名な薄毛治療薬プロペシアの効果や使い方など詳しく解説します。

プロペシアとは

プロペシアとは_01

プロペシアはメルク・アンド・カンパニーというアメリカの製薬会社が開発した男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
現在では60カ国以上で承認されています。日本ではMSD株式会社(旧:万有製薬)が2005年より販売を開始しています。
有効成分はフィナステリドです。実はこの成分は他の疾患にも利用されています。それは前立腺肥大症です。その際の名称は「プロスカー」です。

男性型脱毛症の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンにより起こります。
DHTは5α還元酵素と呼ばれる酵素がテストステロン(男性ホルモン)を変換、生成します。
これが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合をしますと、成長期の髪の毛に退行期及び休止期(すべてヘアサイクルの段階です)になるよう信号を出します。
そうすると、退行期になってしまった細い髪の毛が増えたり、長く太い毛に成長する前に抜けてしまいます。それが薄毛と呼ばれる現象です。

プロペシアを服用すると、DHTの生成に必要な5α還元酵素を阻害するので、DHTの生成を抑制します。
すると細くなった髪の毛にコシが出たり休止期の毛穴から毛髪も成長するので、男性型脱毛症の進行が止まるのです。
結果、脱毛が減り、DHTによる信号も受け付けなくなるため発毛も促すことが出来るのです。


プロペシアとは_02

薄毛に悩む男性にとってはまさに救いの存在であるプロペシア。良い効果だけではなく副作用が出る可能性もあります。
精力や勃起力の減退が確認されていますが、データによると服用した方の全体で数パーセントしか確認されていないようですので、あまり心配する必要はありません。重大な副作用としては肝機能障害の報告があります。

また、女性は絶対に服用をしないようにしましょう。触れることも禁止です。触れるだけで有効成分が体内に入るため、特に男児を妊娠した場合には生殖器に異常を起こすため厳禁です。その心配がある際は、違う治療法を行うようにしたほうが良いでしょう。

プロペシアジェネリックを詳しく知る
プロペシアを通販で購入する

このページの先頭へ戻る

TOP ミノキシジル プロペシア プロペシアジェネリック 食生活で薄毛予防