女性にも脱毛症はあり、男性とは治療法が異なります。

女性の脱毛症

「薄毛」とは男性だけがなってしまうとお思いの人が多いのではないでしょうか。
ですが、最近では女性も薄毛に悩む人が多くなっており、女性の約10人に1人の方
が悩まれていると言われています。

女性の脱毛症


女性の薄毛が増えているのはどうしてなのでしょうか。

近年、女性の社会進出が多くなったために仕事でのストレスやそれに伴う人間関係の悩み、家庭環境でのストレスなど多くのストレスに晒されています。

それにより、自律神経が緊張をして血管が収縮し血流を悪くしてしまいます。
血行不良により十分な栄養が送れなくなることにより、結果抜け毛や髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまい薄毛になってしまいます。

ホルモンバランスの乱れによる薄毛もその1つです。
加齢による閉経により、女性ホルモンの量が減少してしまうためです。
多くの部分に不調が出やすいのですが、頭髪にももちろん影響します。

髪の毛に深く関わる女性ホルモンが「エストロゲン」なのですが、このホルモンは毛髪を育て維持させる働きがあります。ホルモンバランスが崩れてしまうと、ヘアサイクル(髪が抜け、新たな髪が生えていき成熟すること)が乱れてしまい髪の毛が成熟する前に抜けてしまいます。
そうすると未熟な髪が多く残ってしまうため、薄く見えてしまうのです。

それらが原因で引き起こされる症状がありますのでいくつかご紹介をしたいと思います。

びまん性脱毛症という少し聞き慣れないこの症状が女性の薄毛の中で特に多いものになります。
中年以降の女性によく見られるもので、原因が加齢やストレス、間違ったダイエットやヘアケアによるものです。

過度なカラーリングやパーマなどを繰り返すのは負担になりますので控えるようにして下さい。
男性型脱毛症(AGA)とは違い頭髪全体が均等に脱毛するため全体的に薄く見えてしまいます。

また、女性特有のものとしてこちらも発症してしまう人の多い「分娩後脱毛症」があります。
妊娠中に、お腹の中にいる子供に栄養を取られ妊娠後期にエストロゲンにより、成長期を維持してきた頭髪が、出産後に一気に休止するために脱毛量が増え薄毛になってしまいます。

このように女性の薄毛は身近になっています。
ご自身が出来る対策や医療機関への相談も有効です。


薄毛を食べ物で予防する

女性のための育毛剤を通販サイトで見る

このページの先頭へ戻る

TOP ミノキシジル プロペシア プロペシアジェネリック 食生活で薄毛予防