薄毛は生活習慣病の延長線上でもあります。薄毛によいとされる食べ物をご紹介します。

食生活で薄毛予防

薄毛対策には内服薬・育毛剤・発毛剤・植毛など色々方法がありますが、手軽に出来る食事による方法でも対策が出来ます。
この原因の一つがDHT(ジヒドロテストステロン)ジヒドロテストステロンですが、それは男性ホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結合されると生成されます。
そこで5αリダクターゼを抑制する栄養素を摂取すればよいのです。

その栄養素の代表格が、「大豆イソフラボン」と「亜鉛」です。
大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きを持ちます。
それにより5αリダクターゼを抑制する効果が期待されています。

亜鉛にも似たような作用があります。どちらかというと育毛に効果的です。ただし、摂り過ぎには注意が必要です。
それらを多く含む食品をいくつかご紹介したいと思います。


納豆


納豆

納豆には大豆イソフラボンと亜鉛が含まれているため、薄毛の人にとって理想的な食品と言えます。

また、「ビタミンB2」も含まれており、こちらは皮膚の新陳代謝を促すビタミンとなります。

また、特有の成分「ナットウキナーゼ」という成分は、血液をサラサラにする効果があるため、頭皮の血行促進に期待が出来ます。



レバー


レバー

亜鉛・鉄分・ビタミンB2などをバランスよく含むため、こちらも効果の高い食品です。
また、抜け毛を抑える効果もあります。



ごま


ごま

ごまにも大きな効果が期待できます。というのもタンパク質の構成に必要な含硫アミノ酸が多く含まれています。

髪の毛というのは元はタンパク質です。
また、こちらも亜鉛を含みカルシウムや鉄・銅・ビタミンB1、B2などを含んでいます。



生牡蠣


生牡蠣

生牡蠣も非常に髪の毛には良い食品です。亜鉛が非常に多く含まれています。
ご紹介した食品の中で一番含有量が高いです。

また、亜鉛は日頃摂取しにくい栄養素です。その観点からも有用な食品だと言えます。



ジャンクフード

逆に良くない事は夜眠る前に食べること。血液が頭皮へ巡らせるはずが、胃の消化に集中するため頭皮に血液が巡りにくくなるためです。

食べ過ぎは肥満を引き起こします。太ってしまうと末端まで血液が通りづらくなるため、髪の毛に栄養素が届きにくくなってしまします。

外食が多いと、食生活のバランスが悪く脂の多いものや塩分の高いものを摂りがちです。
特にジャンクフードには要注意です。食生活にも気を付けましょう。


通販サイトで治療薬を見る
このページの先頭へ戻る

TOP ミノキシジル プロペシア プロペシアジェネリック 食生活で薄毛予防