薄毛のタイプでそれぞれ原因は異なります。自分のタイプを知り、正しい治療を行いましょう。

薄毛のタイプと原因

男性なら誰もが心配をしているであろう問題が「頭髪の問題」ではないでしょうか。
症状例としては脱毛・薄毛です。違う病気の影響で脱毛してしまう事もあります。

この度は脱毛に焦点を当てていき、脱毛のタイプを紹介したいと思います。
脱毛とは髪の毛が抜けて、いわゆる「ハゲてしまう」状態の事です。

ハゲの症状もいくつかの種類があります。

薄毛のタイプ


タイプ


・男性型脱毛症
最近耳にする機会も多い「AGA」。男性型脱毛症ともいい、一般的には30~40代から症状が目立ち始めます。
この症状が現れ始めますと徐々に髪の毛が細くなっていき、やがては抜けてしまいます。原因は男性ホルモンによるものです。
前頭部や頭頂部の毛根に存在する「5-アルファリダクターゼ」と呼ばれる酵素が存在します。
それが髪の毛の成長を妨げるホルモン「DHT」というものに変換をされて、髪の毛が成長をする前に抜け落ちます。
そうすると産毛ばかりになりますので髪の毛が無いように見えてしまいます。
生え変わりのサイクルが乱れているだけで毛根は死んでいるわけではないのです。

・若年性脱毛症
そして近年多いのが、10代20代の若年層も男性型脱毛症になる場合もあります。
その場合には「若年性脱毛症」という名称で呼ばれています。
薄毛になる原因は様々な理由があり、多くは加齢による事が多かったです。
しかし近年、ストレスや生活環境の影響もあり若い世代にも多く見られるようにもなりました。

・円形脱毛症
「円形脱毛症」は髪の毛が円形、または楕円形に抜けてしまう症状です。
その症状はゆるやかに進行するわけではなく突然起こります。一箇所ではなく、数箇所が抜けて拡大することもあります。
年齢や性別など関係なく発現します。原因はストレスによるものがほとんどなのですが、
自律神経の異常によるのも関係しているのではとも言われています。
この症状はやがては自然に治るのですが、気付いたらすぐに医療機関へ行くことをおすすめ致します。

・機械性脱毛症
「機械性脱毛症」という少し聞き慣れないものもタイプのうちのひとつです。
髪の毛を引っ張り続けたり物理的な力が加わることにより起きてしまうものです。
ヘルメットをかぶり続けたり、ポニーテールなど髪の毛を結ぶ際に強く束ねたりすると起こりやすいです。
発症の際には、額の左右の生え際から後退していくことが多いです。

・脂漏性脱毛症
「脂漏性脱毛症」というものもあり、こちらは真菌(カビの一種)の増殖によって引き起こされる症状です。
マラセチア菌という真菌が原因の「脂漏性皮膚炎」という症状からなるものです。
この脂漏性皮膚炎はマラセチア菌の増殖により頭皮にかゆみ、脂性のフケが発生。
そのフケが毛穴を塞ぎ頭皮に炎症が起こるものです。

脂症の人や、汗を多くかく人が毎日シャンプーをしない場合に発症しやすいです。
カビに効く薬剤やシャンプーをすることをおすすめします。


シャンプー


・粃糠性脱毛症
「粃糠性脱毛症」もフケが原因のものです。
こちらは乾燥したフケが毛穴を塞ぎ、毛根の栄養不足により起こります。
自分に合わない刺激の強いシャンプーや、カラーリング・パーマをしすぎる事によっても起こります。
フケ自体は細胞の新陳代謝より、誰にでも発生するものなので自分で判断するのは少し難しい症状です。

これらの男性型脱毛症の髪の抜け方にもタイプがあります。


抜け方のタイプ


M字型
「M字型」は、額から徐々に剃り込みを入れたように髪の毛が抜けていきます。男性型脱毛症で一番多いタイプです。
外国人によく見られましたが、最近は日本人にも多いタイプになります。
先述の通り前頭部には男性ホルモンが多く存在しますし、生活環境が変わった影響ともいわれています。

O字型
「O字型」とは、頭頂部から禿げていくタイプです。側頭部には髪の毛がありますので、
上から見るとOの字に見えるためこう呼ばれます。日本人に多いタイプがこちらです。
自分では気づきにくいので、他人から指摘されて発覚することが多いです。

U字型・A字型
「U字型・A字型」と呼ばれるタイプも多いです。生え際から進行していき、後頭部と側頭部に髪の毛が残り、Uの字に見えます。
O字型と同時になることもありその場合残った毛がAの字になるA字型と呼ばれます。このA字型になった場合は禿げの症状が一気に進行してしまします。


食事による薄毛予防を見る


通販サイトで治療薬を見る

このページの先頭へ戻る

TOP ミノキシジル プロペシア プロペシアジェネリック 食生活で薄毛予防