薄毛治療にも育毛や発毛、植毛、カツラと様々です。ひとつひとつ丁寧にご説明します。

薄毛治療の種類(育毛、植毛、かつら等)

薄毛治療の種類_01

薄毛になってしまった場合の治療法には育毛や植毛など色々あります。
それらをひとつずつ解説をしていきたいと思います。

最も試されているのが「育毛」という方法なのではないでしょうか。
今存在している髪の毛をしっかりと育てることです。字が表す通りですね。

育毛剤で髪に栄養を与え、髪の毛が成長する前に抜けるのを防いだりします。
その際には頭髪環境に気を使い整えている方も多いため、髪が抜ける頻度は少なくなっているはずです。
育毛剤の成分により、明確な違いはないと言われています。
ご自分に一番あったものを選ばれるといいでしょう。


また、最近では内服薬も出回っています。こちらはフィナステリド(商品名:プロペシア)というもので聞かれた方も多いのではないでしょうか。
内服薬による育毛も有効だと言います。

育毛と同一視される「発毛」ですが、実は意味が異なります。
育毛は先程も挙げたように元からある髪の毛を育て、正常にしていくものですが、発毛は脱毛状態になった状態から髪の毛を増やすことをいいます。
毛母細胞と呼ばれる髪の毛として成長する細胞を活性化させたり、細胞分裂を促すものが発毛剤です。
フィナステリドに対し、「ミノキシジル」は発毛に効果のある内服薬になります。

「植毛」という方法もあります。頭皮に髪の毛を植える、字の通りの施術方法です。
「人口毛植毛」と「自毛植毛」に分けられます。人口毛植毛とはポリエステルやナイロンなどの合成繊維で出来た人口毛を頭皮へ植えこむ方法です。
自毛植毛とは自分の髪の毛を植えこむ方法です。

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンと毛乳頭細胞と呼ばれる細胞に存在する男性ホルモン受容体が結合することにより引き起こされます。
額の生え際や頭頂部から抜け始めてしまうのはこの男性ホルモン受容体が多いためです。
そこでそれが存在しない側頭部や後頭部の髪の毛を採取し、植え込みます。


薄毛治療の種類_02

自分の頭皮や髪に加工を加えない方法もあります。それがかつらです。
かつらにも人毛と、化学繊維のものがあります。
全ての頭皮を覆うもの、部分用のかつらがあり髪型も自在に決められるため一番簡単にカバーする方法ではないでしょうか。


白髪と薄毛の関係性について知る

通販サイトで治療薬を見る

このページの先頭へ戻る

TOP ミノキシジル プロペシア プロペシアジェネリック 食生活で薄毛予防